塾講師や保育士など様々な求人がある〜JOB探し冒険団〜

仕事

就職成功のポイント

男性

面接は重要

保育士として転職する時には、転職を成功させる為のポイントを知っておくことが大切です。特に重要となってくるのが面接です。転職の場合、以前働いていた保育園でどのような仕事や経験をしていたかどうかと、転職の理由などを面接で聞かれる場合がほとんどです。この時の対応によって就職が成功するかどうか決まると言っても過言ではありません。注意しておきたいのが、ネガティブな表現で受け答えをしないということです。以前務めていた保育園を辞めた理由が給与面に合った場合は、仕事量に見合った環境で働きたかったからという表現に変えるのが良いでしょう。人間関係が原因で辞めた場合は、保育に対して同じ価値観を持った保育士と共に働きたいというような表現に変えて説明するのが良いでしょう。こうした前向きな表現に変えることによって、面接する側に前向きな転職であることを伝えることができるのです。

履歴書の書き方をチェック

保育士が転職をする時に利用するのが履歴書です。どの仕事においても必要不可欠なものとなっており、面接をする側からすると、共に働くかどうか決める重要な資料となります。履歴書を書く時に、特に経験をアピールしたいのであれば、できるだけシンプルに記入することが大切です。多くの経験をし、保育士として自信がある場合、その経験1つ1つを細かく記入しようとする人も多くいますが、できるだけ簡潔に記入することが大切なのです。以前は違う仕事をしていて、未経験として応募した場合は子供が好きであることを履歴書でアピールすることが大切です。保育士として成長していく為には、第一に子供が好きかどうかということが挙げられるので、ここはしっかりアピールしておくと良いでしょう。